アニサキスって一体何?

 ここで紹介するということは想像のとおり、アオリイカにも寄生していることがあるということです。アニサキスを少し勉強しておけばアオリイカのお刺身を食べたって何も怖がることはありませんよ!気持ち悪さはやや残りますがww

アニサキス症とは

アニサキス

 アニサキスは魚介類に寄生する寄生虫で、一般には魚介類の生食により人体に取り込まれ、腹痛や嘔吐を呈するアニサキス症を引き起こすものです。お寿司や刺身で魚介類を食べる文化のある日本では諸外国と比較してかなり多く、年間に2000~3000症例とも言われています。ちなみに写真はアオリイカではなく、カツオのお腹にいたアニサキスの写真です。グルっとなってる線状のやつですね。

 そして、アニサキス症でよくある症状は以下の点です。

  • 食後2~8時間で刺すような痛みを起こす
  • 嘔吐、または嘔気を伴うが吐いても胃液のみがほとんど
  • まれにじんましんを伴うことがある

アニサキス症を予防する方法

 医学的な観点から言うと生で食べないことこそが最大の予防法なのですが、このページは釣ったアオリイカを食べたいというところの話なので、もう少し具体的なところを追求してみたいと思います。例えば、以下のようなものがあります。

  • 火を通してから食べる
  • 24時間以上の冷凍保存で死滅する
  • よく観察してアニサキスを探して除去する!
  • エンペラに付きやすいので重点的に探す!
  • 薄切りにして、イカソーメンにする(傷つくとすぐに死ぬ)
  • よく噛んで食べる!(傷つくとすぐに死ぬ)
  • 大型のアオリイカより小型のものの方がアニサキスは少ない

 一部、気合で探すみたいなことや、よく噛みましょうみたいなことを書いてるので、冗談っぽく感じるかもしれませんが、本当に有効な手段でございます。

 また、アオリイカを釣ってアニサキスがいた場合、その地域付近で釣れるアオリイカにもアニサキスがいる可能性が非常に高いです。ちなみに私の地域ではアニサキスはほとんどいません。10匹釣ったときも全てのアオリイカでいませんでした。が、油断ができないのが実際かもしれません。

一度冷凍したアオリイカは美味しいですか?

 正直、結構美味しいです^^まぁ、正確に言うなれば、一度も冷凍していないアオリイカと比べるとやはり落ちますが、よく考えてみるとスーパーで販売されている生食用のイカは一旦冷凍保存されているものもあるのです。そう考えると、割と普通なのかもしれませんね。

Page top icon