フォールは大切なアクション

 エギングでは着水と同時にフォールというアクションで釣りが始まっています。このフォールをどう意識していくかによって釣果に大きな影響を与えると言っても言いすぎではないと思います。このページはそんなフォールについてを解説しています。

 また、時々書籍で見かけるのですが、エギングは『必ずしも底をとる必要はない』と書かれていることがあるのですが、それは中級者以上の方の話です。初心者はまずはしっかり底を取れるようになってから次のステップへ上がると良いと思います。

フリーフォールが基本中の基本

エギのフリーフォール  エギングにおいて基本中の基本となるのがフリーフォールです(図のようなイメージです)。一般にフリーフォールという と、リールのベールをかえしてテンションをかけずに完全フリー状態で仕掛けをフォールさせることを指しますが、エギングではラインを出しっぱなしにするのではなく、ラインに指をかけるなどして少しずつラインを出していくことが条件となります。そうすることによって以下の2つのメリットがあります。

  • ラインスラッグ(糸フケ)を軽減させる
  • アタリがあった場合、いち早く気付ける

 フリーフォール中のこの一連の動作は慣れてくると真っ暗闇でもできるようになりますが、初心者の方はできるだけ日中などの明るい時間帯に練習してみると良いと思います。実際には潮の流れだけでなく風やゴミなどの影響もあったりしますので、暗闇では練習にすらならない場合もあります。また、上図のようにフリーフォールはほぼ真下へと沈み、沈下スピードも比較的速いです。

一番簡単なのはカーブフォール

エギのカーブフォール  フリーフォールが基本になるのですが、初心者にはこちらのカーブフォールの方が簡単なので、とりあえずこちらを覚えるのも1つの手段だと思います。カーブフォールはフリーフォールとは異なり、リールからラインを一切出さずにテンションをかけたままフォールさせることを言います。

 カーブフォールはその名の通り、図のように斜めに弧を描くように沈んでいきます。斜めに落ちるので、沈下速度は遅くいが、ラインにテンションをかけているので途中でイカが乗ればすぐに手元にアタリがくるのでわかりやすいです。

 アオリイカの活性が高い場合ではこの動作だけでも十分乗ってくることがありますが、逆にスレたポイントなどではエギに対して違和感を感じるようで、警戒させることもあるので、注意が必要です。また、このカーブフォールと1段シャクリを組み合わせて底を取らずに中層のみを探るのも効率が良い釣りになることも多いです。

Page top icon