アオリイカと月明かりの関係

 色々な書籍を読んでいるとアオリイカを釣るならば満月の月明かりの下が一番釣りやすいと記載されています。この記載は基本的には間違いではないと思います。しかしながら、新月の方が釣りやすくなるというのもまた事実なのです。さて、このページではこの矛盾について記載したいと思います。

満月の夜が釣れる理由

満月  アオリイカは視力をもってベイトを追い求めていますので、少しの光量が必要となるのです。満月の夜には常に月明かりの光がありますので、アオリイカがベイトを追いかけやすい状況下にあるのです。月明かりによって照らされたエギのシルエットを見てアオリイカが釣れてくれるというわけなのです。

 上記でも分かるように新月の日などの闇夜にはアオリイカがエギを見つけにくくなるので、釣れないといわれるようになったのです。

新月の夜が釣れる理由

 では、新月の夜は釣れないのでしょうか??実際のところそんなわけはありません、十分釣れます。エギを見つけにくいだけで見つけられないわけではありませんので、普通にエギングをしていても釣ることができます。この新月などの闇夜を逆手に取ることによってアオリイカを効率的に釣る方法が存在します。

常夜灯  明かりがなくて釣れない状態であれば灯りのある堤防の常夜灯まわりや漁港で停泊中の船の明かりがあるようなポイントを重点的に狙うようにすると新月の問題点が全てなくなってしまいます。現実には月明かりがないことによって逆にポイントが絞られて釣りやすくなるということが起きるのです。

Page top icon