春先のシーズンに大型アオリイカを狙おう

 誰もが憧れるサイズと言えばやはりキロイカですよね。そんなキロオーバーのアオリイカを釣りたいならばやはり春先のシーズンが狙い目だといえます。そんな春先のシーズンに大型アオリイカを釣るための方法を紹介しています。

モンスターアオリイカを狙う

 当サイトでも多少のことは紹介していますが、対モンスターアオリイカ専用のサイトも別で作っていますので、よろしければこちらも参考にしてみてください。

春先でも環境の変化を知る

満月  先ほどから春先春先と言っていますが、どのくらいの時期が一番良い条件になるかというと、一般に海水温が安定して20度を超えるようになる日々が続くということが必要です。三寒四温と言われる春のシーズンではなかなか海水温も一定にならないので狙い時となる日までしばらくかかるのです。ただ、足元から水深がしっかりとあり、暖流もそれなりに当たるようなポイントであれば深場に潜んでいる可能性もあります。

  • 早春の時期は深いポイントを重点的に攻める
  • 水温が安定してくる時期になると浅場への回遊ルートを攻める
  • 完全に暖かくなると藻場のエリアを攻めていく

 この3つの流れ通りにすると大型アオリイカをゲットできるチャンスが広がると思います!

ペアリング中のオスとメス

ペアリング  春も中旬頃になると海水温も安定しペアリングしているアオリイカを見つけることもあると思いますが、このペアリングしているアオリイカはエギに極端に反応しないと言われており、狙っても時間のムダだという考え方がほとんどです(エギに反応するのはメス)。また、今後のアオリイカエギングのためにもペアリングしている個体は狙わない方が良いと思います。

 ただ、ペアリングしている個体の周りには他のオスイカが群がっていることが多く、そのオスであれば、エギへの反応は普段よりも悪いもののまだ釣りやすいと言われています。こういったペアリングを意識したオスのアオリイカを釣るためにはリアクションバイトが良いと言われています。少し大きめ、派手めのカラーリングのエギで激しめのダートやジャークなどでペアリング個体の周辺を広範囲攻めていると突然乗ってくると思います。シーズン中旬以降のアオリイカは本当に大きいのでファイト~取り込みまで油断しないように頑張ってください。

春以外に大型を釣ることはできるのか?

大型アオリイカ  圧倒的に春に大型アオリイカが上がっているのですが、現実にそれ以外の時期にも大型のアオリイカは釣り上げられています。これは自然界の他の魚でもよくあることなのですが、産卵期が大きくずれている個体が必ず存在します。(同じ産卵期に全員が産卵をすると、大きな環境変動があったりすると絶滅してしまうので)

 こういったアオリイカが必ず存在しますが、狙って釣ることはかなり難しいので、じっくりまったりと普段通りのアオリイカエギングを楽しんでいてください。運がよければ釣れてくると思います!!

Page top icon