アオリイカのいるポイントを絞ろう

 アオリイカは基本的にこんなポイントが好みということを知っておきましょう。自分がよく行くフィールドであれば、感覚的にキャストができますが、初めて行ったポイントでは狙いが定まりにくいものです。このページで紹介しているようなポイントを探して狙っていきましょう。

海藻の点在するポイント

海藻  アオリイカのポイントでまず最初に思い浮かぶポイントといったらこの海藻の点在するポイントです。海藻は多すぎても少なすぎても釣れない(釣りがしにくい)ので注意が必要です。また、春先~初夏の産卵期においてはこの海藻が非常に重要なポイントになってきますので、念頭に置くようにしましょう。

 アオリイカは海藻の上や切れ際などに潜んでいることが多いです。日中であれば海藻の点在が目視で確認できると思いますので、その隙間や上を狙うと良いと思います。また、ナイトゲームでは海藻が引っかかったりすると大体の位置を把握しておき、カウントダウンなどをして海藻の高さなども把握できると最高です。ポイントをつぶさないためにもできるだけ海藻を引っかけて抜かないようにしたいです。

シモリや岩礁帯のあるポイント

岩礁帯  秋のアオリイカなどではシモリや岩礁帯のような根に潜んでいることが多くなります。(春は上の項目で書きましたが海藻です。)根がかりの可能性が上がる釣りとなりますが、ここはしっかりと攻めておきたいポイントとなります。また、足元から急深となっているようなポイントより緩やかに深くなっているような岩礁帯の方がアオリイカは居つきやすいと言われています。

潮の流れが良いポイント付近

潮の流れのある磯  最初に注意しておきますが『潮の流れが良いポイント付近』です。潮の流れが良すぎるポイントではそのメインの流れ筋ではなく、よれた部分やたわむ部分が良いです。めちゃくちゃ流れが強いようなポイントでは釣りがしにくい状況にもなるので、釣りをするという視点から見ても避けたほうが良いのかもしれません。(特に初心者は)

アオリイカの好ポイントまとめ

好アオリイカポイント  磯場で海藻が点在している急深、またはかけあがりの近くが良いのです。よほどのことがない限りこの法則はシーズンを通じて決まっているといっても過言ではありません。ただ、潮通しはもちろん良いところが一番好ポイントになるが、春の産卵期では潮通しがそれほど強くないところの方が良く釣れるポイントとなります。

 ここまで理想的なポイントが重なるような場所はそうそうないと思いますが、見つけた場合は大切に釣りをしたいところです。特に産卵のこともありますので、海藻をやたらめったと引っ掛けてポイントを潰してしまわないようにしたいですね。また、卵を持ったメスや小さなアオリイカはリリースを心がけたいところです。

Page top icon