エギングロッドの選び方

 こちらのページでは一般的なエギングロッドの選び方を紹介しています。特に初心者が最初の1本を買うためのチェックすべきことを重点的に記載しています。また、各社の細かいロッド選びは別のページを参照して下さいね。

最初に買うならこんなエギングロッド

 エギングロッドと一言で言っても最近は各社色々なロッドが発売されていて、どれを買って良いのか迷ってしまいがちです。もしあなたが釣り自体初心者だとすれば、ネット通販で購入するよりも詳しい友人に選んでもらうか、釣具屋さんでスタッフの方に選んでいただくことが一番です。

 以下に最初の1本におすすめとなる条件を記載します。とにかくどんな状況でも使いやすいロッドということですので、ポイントによっては長さが足りないこともあると思いますのでご注意を!!

  • 長さ:8~9フィートまでのもの
  • パワー:ミディアムライト~ミディアムクラス
  • 適合エギサイズ:3~4号
  • 適合ライン:PE0.5~1.2号

バスロッドじゃエギングロッドの代わりにならない?

バスロッド  バスロッドでアオリイカが釣れないわけじゃありません。私も最初はバスロッドで挑み、釣ることができました。しかし、バスロッドではやや長さが劣る、ハリと腰が足りない場合が多く、海という広大なフィールドでは遠投性が足りないことが一番のネックとなりました。また、エギをシャクリ上げるために特化したロッド性能をしていないため、おそらくは思うようにエギへとアクションが伝わっていなかったのではないか?と思います。

 もう1つバスロッドでのエギングをしない方が良い理由を上げるとすればガイドです。ほとんどのバスロッドはPEラインの使用を前提として作られていないところです。ですので、キャスト時にガイドにラインが絡まることがあります。ガイドを痛めてしまったり、最悪の場合はそのままガイドが折れてしまったりすることもあるようです。

エギングロッドは既に細分化されている

エギングロッド ブラックバス用のバスロッドやシーバスロッドでもいえることですが、最近はロッドの細分化が進んでいます。エギングロッドでも同様のことが言え、かなり細分化が進んでいます。細分化が進むと、色々なシーンや状況に特化したロッドが多くなり、その状況状況に応じた最高のロッドとなるのであるが、汎用性が狭くなり、初心者には扱いにくくなるというデメリットがあります。エギングを理解し始めてから専門性の高いロッドを購入することをおすすめします。

Page top icon