エギのサイズについて

 他の釣りでは馴染みのある『g』や『センチ』、『オンス』だったりしますが、エギングでは一般に『号(寸)』が使用されています。1号(寸)とは3.03センチのことで、3号だと大体9センチってことになります。ただ、各社で若干の誤差があるため、9.2だったり9.5だったりそのくらいの誤差は結構あります。が、大体1号(寸)=3センチで問題ない感じになっています。

3.5号サイズが標準サイズ

3.5号のエギ  よほど潮が早いような地域でなければ一般にエギの標準サイズは3.5号をベースとしてタックルを揃えて問題ないと思います。春~秋までの間なら3.5号が最も活躍するサイズだと思います。

 この3.5号から釣りを開始し、イカのサイズに合わせて3号にしたり、スレ具合を見て3号にダウンさせたり、大型を狙うために4号へとアップさせたり組み立てていくと分かりやすいエギングになると思います。

3.5号サイズが標準サイズ

4.0号のエギ  4号サイズのエギをメインタックルとする時期と言えばやはり大型のキロイカを狙うことのできる春~初夏のシーズンだと思います。この時期はやはり遠投も必須ですし、広く探ることが大切になる時期でもあります。メインとして使用することはなかったとしても念のため常備しておくことを強くオススメするサイズのエギです。

 また、特に大型を意識していない時期でも潮が早くてウエイトが必要な場合4号のエギを使用することになると思います。3.5号のエギでは底が取れないどころか、どこに流れてしまったのか分からなくなるレベルの潮の流れがあるときもあります。

3.0号以下のサイズとは

3.0号のエギ  こちらは数釣り専用のとき、特にコロッケサイズ程度のアオリイカがターゲットのときに多用します。また、見えイカでプレッシャーが高いときにも使えるサイズです。また、アカイカやヒイカなどの小型のイカを狙う場合は2号や2.5号のエギをメインで使うこともあります。回遊情報が得られたなら持っておくと結構遊べると思います。

4.0号以上のサイズ

モンスターアオリイカ  ほとんどのフィールドで使うことはあまりないと思うのですが、八丈島などのフィールドでは6号とかを使用するという話をテレビで見たことがあります。一般的なポイントでは不必要かもしれませんが、離島なんかに遠征するときは持っておいたほうがいいのかもしれませんね。でも、あまり販売されているところを見たことがありません・・・。楽天市場でも5.0号でも品薄で6.0号ともなると売り切れている上に取扱店も少ないのが現状です。

 ちなみに写真は5歳の娘とほぼ同じ大きさの4.1kgのアオリイカです・・・。船釣りフェスタで展示されていたものを撮影してきたのですが、デカすぎますww

Page top icon