エギのシャクリ方は色々ある

 アオリイカエギングにおいても最も基本動作となるシャクリについて記載しています。まずは基本動作を覚えておかないとどういうシーンでどういうシャクリをするのが有効なのかがわからないと思います。

2段シャクリ

 この2段シャクリこそがアオリイカエギングにおいて最もポピュラーな基本動作だと思います。この2段シャクリを覚えてから次のシャクリに移動するとエギングにすぐになじめると思います。

2段シャクリ  2段シャクリのイメージは図のような感じで、2段階に分けてシャクリ上げるのではなく、1段目のシャクリでエギの向きを上方に向け、2段目のシャクリで大きく跳ね上げるといったイメージです。1回目のシャクリはそれほど大きくなくて、2回目のシャクリは大きい動作になります。

 水深が深いポイントでは無理ですが、浅いポイントではボトムから中層くらいを一気に探ることのできるシャクリ方で、一番ベーシックで基本となるシャクリ方ですので、まず最初にこのシャクリ方を覚えると良いと思います。

1段シャクリ

 1段シャクリは2段シャクリとは異なり、ボトムからエギをあまり離したくない時や、水深がそれほどないようなポイントで有効なシャクリ方になると思います。

1段シャクリ 1段シャクリのイメージは左図のような感じで、2段階シャクリとは異なり、最初のシャクリからできるだけ大きな動作となります。エギの向きを上に向けると同時にエギを跳ね上げる必要があります。割と大きな動作でシャクったとしても、エギが下を向いている状態からではそれほど大きく跳ね上がりません。アオリイカの話からは少し外れますが、底に潜むタイプのコウイカや、タコを釣るようなときに特に有効なアクションだと思います。

多段シャクリ

 多段シャクリは深いポイントで大きくエギをシャクリ上げたいときや、特にアピールしたい時などに使用するシャクリ方です。2段シャクリに続いてさらにシャクリを入れる動作になります。

 多段シャクリのイメージは図のような感じで、2段階シャクリに引き続き何度かシャクリを入れることによってより大きくエギをシャクリ上げるのです。

多段シャクリ 深いポイントではこれをしないと中層まで探れなかったりするので、特に深いポイントで使用するか、もしくは、小さくシャクリを何度も入れることでエギをより強くアピールする時に使用するシャクリ方です。私の知人はいつも5段くらい細かいシャクリを入れてアピールしていますが、見事にアオリイカをゲットしていますよ。

 ただ、テレビに出ているプロアングラーの中には多段シャクリについてあまり有効ではないという方もいらっしゃるので、賛否が分かれているシャクリ方なのかもしれませんね。

Page top icon