エギの横方向へのアクション

 エギングは基本的には縦方向へのアクションが主流であり、有効です。が、実は見えイカや高活性のアオリイカには横方向へのアクションも効果的な場合があります。縦アクションよりも手返しがよくなるので、コンスタントに釣れているときにはこちらに切り替えた方がさらに数釣りが可能になることがありますよ。

ジャークやダート

 通常のエギングにおけるダートやジャークの基本はロッドを縦にシャクるのですが、ここで言うダートやジャークは横方向へのアクションですので、ロッドを下に向けたり、横にしたりしてダートやジャークをかけることとします。

左右に動くエギ  基本動作としてはダートやジャークをして、ラインスラッグを巻き取るという動作なのですが、ロッドの振り幅を調節して大きくジャークするのか、小さくジャークするのかの選択肢があり、意外と難しいところでもあります。大きくゆっくりとジャークするのは割と大型のアオリイカが好みのアクションになります。小型、中型の活性が高いものでは小刻みで早い、ある意味ではトゥイッチのようなアクションが効果的だといわれています。産卵期のモンスターアオリイカには攻撃的な激しいジャークが有効な場合もあります^^

トゥイッチ

トゥイッチ  トゥイッチはジャークやダートを連続して2~3度させることを言います。トゥイッチでエギに気付かせ、その後のステイやフォールで乗せるといったイメージで大丈夫だと思います。こちらは比較的,、小~中型のアオリイカに有効だと考えられていて、特に誰も入っていなかったポイントに入ったときに高活性のアオリイカをまずは拾いたい時に有効です。

横方向へのアクションの注意点

 基本的には高活性のアオリイカのためのアクションだと思っていてください。横方向のアクションはエギが見切られるのが早いです。見切られているのに何度も何度もキャストを繰り返すと完全にスレてしまいますので、最初の数投でヒットがなければ別のパターンに切り替えるべきです。 また、元からプレッシャーが高いポイントではほとんどの場合でアオリイカを警戒させるだけになってしまうことが多いので、有名ポイントでは無効なことが多いかもしれませんね。

Page top icon