ズル引きは昔の主流アクションだった

 今のアオリイカエギングといえばPEラインを使用したシャクリ&フォールを主軸とした釣りですが、PEラインが普及するよりも以前はナイロンラインを使用したズル引きだったそうです。温故知新とも言うべきこの釣り方を試してみるのも面白いと思いますよ。(エギは普段使用しているエギで十分です)

ズル引きの基本テクニック

海底付近  ここで言うずる引きとはナイロンラインを使用した釣り方で、ボトムをスイミングさせるようなイメージのズル引きです。一昔前はこの釣り方が主流であったのですが、PEラインの普及でエギングが新たなものに生まれ変わり、この釣り方が廃れていったとも言われています。

 しかし、この釣り方は活性が低いアオリイカにもボトムを中心にアピールできるので今でも有効な釣り方であることは間違いありません。基本的なテクニックは以下のようなものです。

  • ナイロンラインを使用すること
  • スローリトリーブでボトムを中心に攻める
  • 時折ステイを織り交ぜるのも有効

 また、底をズル引きするとポイントを荒らすことなくボトムの形状や海藻などの存在も確認できるため、その後の釣りにも良い情報を知ることができます。初めてのポイントに入るときにはもう1本ロッドを持っていって、片方はこのナイロンラインの釣りをするのも良いですよ。

なぜズル引きにはナイロンラインなのか?

ナイロンライン  PEラインでもズル引きはできるじゃないか!と思った方もいると思います。私もそう思いました。しかしながら、PEラインでのズル引きではアオリイカが当たった瞬間にアオリイカが違和感を感じて追わなくなるといわれています。ナイロンラインであれば、一定の伸びがあるので、何度かイカがエギに触れたとしても違和感を感じにくいらしく、さらに追いかけ、乗ってくるそうです。

 アオリイカの活性が高いときにはいきなりグッと重くなるようなアタリなのですが、低活性のときであったり、エギに対して警戒心を抱いているアオリイカの場合、本アタリの前に何度か前アタリがあり、コツンコツンとアタリがあります。この、前アタリはあわせないようにし、そのままリトリーブを続け、本アタリが来てからフッキングするのがズル引きのコツでもあります。

Page top icon