アオリイカのナイトゲームとデイゲームの違いとメリットデメリット

デイゲームとナイトゲームの違い

 個人的にはやはりアオリイカはナイトゲームが面白いと思うのですが、デイゲームも見えイカとのやり取りはエキサイトしちゃいますよね。

 さて、このページではデイゲームとナイトゲームの違いやメリットデメリットを紹介しています。

昼か夜か

アオリイカのデイゲーム

 日中の最大のメリットといえばやはり海中が見通せ、アオリイカのチェイスが見えることですね。

 自分のエギの動きはもちろんのこと、追ってきたアオリイカと騙しあい勝負ができるので、大興奮の瞬間があるのがデイゲームの特徴です。

見えイカ

 エギの動かし方やラインの扱い方、シャクリ方などがよく分かっていない初心者の方はデイゲームで練習を積むとエギの動きが見えるので、上達しやすいと思います。

 特に秋のシーズンであれば、子イカで数釣り練習をすることもできますので、デイゲームオススメです。

 ただアオリイカは基本的に夜行性の生き物です。特に大型のアオリイカともなると警戒心も高くなるので、あまり日中は出てこないため釣れる確率はグンと下がってしまいます。デイゲームで釣れるアオリイカは小~中型サイズまでと思っておくと良いと思います。

アオリイカのナイトゲーム

 アオリイカのエギングといえばやはりナイトゲームです。辺りが暗くなると深いポイントに潜んでいた大型アオリイカもエサを求めて回遊し始めますので、大型を仕留めるチャンスが上がります。

夜の漁港

 特に暗くなり始めのマヅメの時間帯が最も釣りやすい時間帯で、それ以降はじっくりと大型のアオリイカを狙う時間帯になるようなイメージで間違いないと思います。

 しかしナイトゲームとは言っても、漁港まわりなどポイントを選べば常夜灯などがあるので、あたかも日中の釣りであるかのようにサイトフィッシングをすることも可能です。

 やはり夜間でも灯りがあるポイントにはベイトも集まりやすく、アオリイカも集まりやすいポイントとなるので外せないポイントになります。

マヅメが最高の時間帯

 上記まででデイゲームだナイトゲームだの記載しましたが、やはりマヅメの時間帯前後1時間の辺りが一番外せない時間帯になると思います。

夕方のエギング

 暗い時間帯からほんのり光が入り始めるとアオリイカもベイトを視認しやすくなるし、逆に太陽が徐々に沈み始めて薄暗くなり始めると警戒心を解いてエサを追い求めるようになります。このマヅメの時間帯だけは外さないようにしてくださいね。

 両方を楽しもうと思うのであれば、15時頃から日の沈む19時くらいまでのエギングが一番面白いかなと思います。

Page top icon