アオリイカと月明かりの関係-満月と新月はどっちが釣れるの?

アオリイカと月明かりの関係

 色々な書籍を読んでいるとアオリイカを釣るならば満月の月明かりの下が一番釣りやすいと記載されています。この記載は基本的には間違いではないと思います。

月の満ち欠けとアオリイカ

 せやかて工藤。新月の方が釣りやすいんちゃうんか?っというのも事実です。この辺りの矛盾を解説してみたいと思います。

満月の夜が釣れる理由

 アオリイカは視力でベイトを探すので光が必要なのです。

 満月の夜には常に月明かりがあるので、アオリイカがベイトを探しやすい&追いかけやすい状況というわけですね。

満月の海

 つまり、釣り人側からすると、月明かりによってエギも照らされシルエットを作り出すのでアオリイカにアピールしやすい状況というわけなのです。

 逆に言うなら新月の日はアオリイカがエギを見つけにくくなるので、釣れないということになるのです。

新月の夜が釣れる理由

 では、新月の夜はまったく釣れないかというとそうではありません。状況さえ整っていればむしろ釣れます。ただ、月明かりがないのでアオリイカがエギを見つけにくいことに違いはありません。

新月の闇夜

 この新月の闇夜を逆手にとることによって、アオリイカを効率的に釣る方法があるので、紹介したいと思います(考えたら当たり前のことなんですけどね^^;)。

常夜灯を探せ!

 月明かりがなくて釣れない状態なら、常夜灯まわり、漁港で停泊中の船の明かりなど、光があるポイントを重点的に狙えば良いのです。

漁港の常夜灯

 むしろ、明るいところがポイントだと考えるなら、ポイントを絞り込むのが簡単になるというわけですね。

 つまり新月の日は、ポイントが絞りやすく釣りやすいということでもあるのです。

アオリイカと光の関係

 まとめると、月があるない、満月か新月かという話よりもアオリイカには光が必要ということが分かってもらえたかと思います。

 満月の場合は、どこでもある程度の光が確保されている状況とも言えますので、狙うべきポイントが絞りにくいということも言えますので、新月の方が絞りやすいかもしれませんね^^;

Page top icon