アオリイカの好ポイント-産卵期は海藻付近で秋は岩礁帯を狙え

アオリイカの好ポイント

 アオリイカエギングの基本的にポイントを知っておきましょう。

アオリイカのポイント

 自分がよく行くエギングポイントドであれば、感覚的にキャストができますが、初めて行ったポイントでは狙いが定まりにくいものです。このページで紹介しているようなポイントを探して狙っていきましょう。

海藻×スミ跡=アオリイカポイント

 スミ跡がある時点で、アオリイカのポイントであることは間違いないのですが、これに加えて海藻(アマモやホンダワラ)があるポイントは最強です。

 アオリイカのポイントでまず最初に思い浮かぶポイントといったらこれだというくらいに鉄板です。海藻は多すぎても少なすぎても釣れない(釣りがしにくい)ので注意が必要です。

アオリイカポイントのアマモ

 上の写真はアマモの写真ですが、アマモやホンダワラのあるポイントは春先~初夏の産卵期のエギングの最強ポイントになります。

 海藻の上や切れ際などに潜んでいることが多いので、いきなり夜にポイントに入らず、日中にポイントに入って海藻を目でチェックしておくことをオススメします。

アオリイカポイントのホンダワラ

 夜しか入れなかった場合は、海藻が引っかかる大体の位置を覚えて、その位置でカウントダウンをして海藻の高さなども把握できると最高です。ポイントをつぶさないためにもできるだけ海藻は引っかけないようにしたいです。

 また、春のシーズンでは産卵ポイントにもなりますので、特にポイントは潰さないようにしたいです。

岩礁帯(シモリ)=アオリイカポイント

 秋の数釣りアオリイカでは岩礁帯(シモリ)があるような根に潜んでいることが多くなります(上の項目で解説した海藻ポイントも秋の好ポイント)。

岩礁帯のアオリイカポイント

 根がかりの可能性が上がる釣りとなりますが、ここはしっかりと攻めておきたいポイントとなります。特に、足元から急に深くなっているようなポイントよりもどちらかというと緩やかに深くなっているような岩礁帯の方がアオリイカは居つきやすいと言われています。

 初心者さんがこのポイントに入るのであれば、お安いエギを大量に買ってから行きたいところです。

潮の流れが良いポイント付近

 最初に注意しておきますがあくまでも潮の流れが良いポイント『付近』です。

 潮の流れが良すぎるところよりも、潮の流れがよれた部分、たわむ部分など、メインの流れから少し外れたくらいが良いです。

潮の流れがたわむ部分がアオリイカポイント

 めちゃくちゃ流れが強いようなポイントでもアオリイカはいるのですが、エギング初心者さんの場合、釣りがしにくい状況にもなる最初は避けたほうが良いのかもしれません。

 もちろん、地形や状況によっては潮の流れが直に当たるポイントの方が良いこともありますので、一概には言えないんですけどね^^;

アオリイカの好ポイントまとめ

 まとめると磯場で海藻が点在している、なだらかなかけあがりの近くが良いです。よほどのことがない限りこの法則はシーズンを通じて決まっているといっても過言ではありません。

 また、潮通しに関してはもちろん良いところが一番好ポイントになりやすいのですが、時期や地形によってはそれほど強くないほうが良いポイントであることもあります。特に春の産卵期では潮通しが強くないところの方が良く釣れることも多いです。

地元の有名ポイント

 とはいえ、ここまで理想的なポイントが重なるような場所はそうそうないと思いますし、そういうポイントはアオリイカ以外のターゲットでも好ポイントになっていることが多く、すでに地元でも有名なポイントになっているに違いありません。

 そういう人の多い一級ポイントに入るよりも、二級三級ポイントの方が釣りやすいということもありますので、色々なポイントへ入ってみて、まずはスミ跡チェックから始めたいですね、笑。

Page top icon