エギングリールの選び方-最強のリールはシマノかダイワか!?

エギングリールの選び方

 結論を最初に書かせていただくと、アオリイカエギングはダイワのスピニングリールの2500番もしくは、シマノのスピニングリールの3000番がバランス的にちょうどです。

エギングリールセフィアBB

 状況やポイント、狙うサイズによってもうワンランク上でも良いかもしれませんが、それは最初に買うリールではないかなと思います。

シマノのエギング専用リール-セフィアシリーズ

 私はシマノのリール愛好家ですので、まずはシマノのリールを紹介したいと思います。エギング専用としてリールを購入するならセフィアシリーズがやっぱりオススメです。

セフィア CI4+

 シマノのセフィアシリーズの最高峰のリールといえばCI4+です。これに関しては滑らかさと軽さがダントツの感触で、これを触ってしまったらちょっと他のリールは・・・っとなるかと思います。

 さすがにステラシリーズなんかと比べると劣りますが、エギングをする上ではステラほどのドラグ性能もいらないので、コスパを考えるとセフィアCI4+が良いですね。
ライン:PE0.8号が150m巻けます。最大ドラグ力:9kg

楽天市場で値段を調べる
Amazonで値段を調べる
Yahooで値段を調べる

セフィア SS

 個人的に一番買いだなと思えるクラスがこちらのセフィアSSですね。CI4+が良いのは分かってるけどちょっと手が出ない・・・っという方に最もオススメのリールです。

 自重も210gくらいでこのクラスのリールとしてはかなり軽い部類になります。ドラグの滑り出しもよく、大型がきても不安のないレベルです。
ライン:PE0.8号が150m巻けます。最大ドラグ力:9kg

楽天市場で値段を調べる
Amazonで値段を調べる
Yahooで値段を調べる

セフィア BB

 セフィアBBはセフィアシリーズで最も下位のモデルですが、釣り初心者やエギングをちょっとはやるかもしれないかな?っという方にオススメできるエントリーモデルです。

 もし、長くエギングを続けたいと思っているのであればセフィアSS以上をオススメしますけどね^^;
ライン:PE0.8号が150m巻けます。最大ドラグ力:9kg

楽天市場で値段を調べる
Amazonで値段を調べる
Yahooで値段を調べる

 もちろん、ステラやツインパワーなど他シリーズでも問題ありませんが、ちょっとさすがにお値段高すぎ問題もあるので、セフィアシリーズが良いかなと思います。

 シマノのリールは全体的にダイワリールと比べるとお高いなと感じる部分もあるのですが、ダイワのエギング専用リールエメラルダスと比べるとセフィアの方が若干お安いのです。

ダイワでエギングに使えるリール

 当然、シマノのリールよりもダイワのリールの方が良いとおっしゃる方も多いと思います。実際、私の友人達はダイワのリール愛好家の方がたくさんいます、っというかダイワ派の方が多いっぽい・・・。

エメラルダス AIR 2508PE

 ダイワのエギングリールで最高峰モデルといえばこちらのエメラルダスです。軽量性能と耐久性が断トツにあり、極限のエギングにも対応できる魅力的なモデルですね。
ライン:PE0.8号が150m巻けます。最大ドラグ力:7kg

楽天市場で値段を調べる
Amazonで値段を調べる
Yahooで値段を調べる

エメラルダスMX 2508PE-DH

 最上位モデルのエメラルダスはさすがにお値段が高すぎるので、現実的に長くエギングをする人が買うべきリールはこのクラスかと思います。

 正直、上位モデルのAIRと何が違うのかよく分からないくらいのレベルはあるリールなので、コスパを考えるとこちらかなと思います。
ライン:PE0.8号が150m巻けます。最大ドラグ力:7kg

楽天市場で値段を調べる
Amazonで値段を調べる
Yahooで値段を調べる

エメラルダス 2508PE

 エメラルダスシリーズの中で最もコスパの良いモデルです。入門モデルとして最高の価格とパフォーマンスを発揮していると思います^^

 長くエギングを続けるつもりであれば、個人的にはオススメしにくいなぁと思うリールですが、決して悪いモデルではありませんよ。
ライン:PE0.8号が150m巻けます。最大ドラグ力:7kg

楽天市場で値段を調べる
Amazonで値段を調べる
Yahooで値段を調べる

他のシリーズはダメなの?

 このページではエギング専用モデルのセフィアシリーズとエメラルダスシリーズのみを紹介しましたが、他のシリーズでも大丈夫です。

 具体的には、シマノなら2500~3000番のPEラインが100m以上巻けるもの、ダイワなら2500番台のものであればOKです。

 ドラグ性能は高ければ高いに越したことはないですが、急激な走りをみせるわけではなくジリジリとラインを引き出していく ようなファイトですので、それなりにラインが出る程度の性能でも問題ないと思います。

Page top icon