アオリイカのエギングシーズン

 基本的にはアオリイカのエギングベストシーズンは春と秋の2シーズンだと言われています。

 では夏と冬は釣れないのでしょうか?また釣れるとしたらどんな条件なのでしょうか?シーズンごとに傾向をまとめてみました。

春のアオリイカエギング

 春はアオリイカにとって産卵期です。親イカは産卵のために海藻のある浅場へと接岸してきます。

大型アオリイカ

 そのためショアからキロイカを釣るための数少ないチャンスの時期でもあります。基本的な条件としましてはアオリイカの活動し始める水温である16度を越えるようになってからが勝負です。

 また、春~初夏の頃と一般には言われていますが、7月頃に産卵をする個体もいますし、寒い日が偶然にも続けば産卵期が遅くなることもときにはあります。夏になってもキロイカが時々釣れているのはそういうことなんです。

夏のアオリイカエギング

 夏の間は親イカは寿命でなくなっている時期で、生まれてきた新アオリイカもエギを抱くほどに成長しているものが少ない時期なので基本的にはオフシーズンです。

アオリイカの群れ

 しかし、まれに産卵がまだの親イカがいたり、早生まれ(?)のコロッケサイズのアオリイカが釣れたりすることもありますが、メインの時期ではありませんので、この時期は他の釣りを楽しむ方が良いかもしれませんね^^;。

秋のアオリイカエギング

 秋になるとコロッケサイズのアオリイカも混ざることが多いが、徐々にエギを抱くことができるくらいのサイズに成長したアオリイカが増えてきます。

秋口のアオリイカ

 秋は小型~中型のアオリイカの数釣りが楽しめるシーズンなので、初心者でも釣りやすくなる時期です。

 この時期にエギングを始めるのが一番良いと思います。

冬のアオリイカエギング

 水温が16度を下回るようになるとアオリイカは深場へと移動し越冬するためにあまり動かなくなります。当然釣ることもかなり難しくなります。

日本海の深場のアオリイカ

 黒潮の暖流が直接あたるような暖かいポイントでは冬でも釣ることは可能ですが、それ以外のポイントではオフシーズンになる時期だと思います。

 足元から急深になっているようなポイントでは釣ることができるかもしれませんが、こういうポイントは本当に限られていますね^^;

Page top icon