アオリイカと潮周りの関係

月の満ち欠けと潮周り

 大潮や小潮、長潮、若潮と色々な潮まわりがありますが、アオリイカにとっては、どの潮まわりが一番良いのでしょうか?書籍やネット上にあふれる情報を整理してみることにします。

エギングで一番良い潮周りはない!

 結論から書きますが、一番良い潮まわりというものは存在しないというのが昨今のエギング界での基本的な考え方だそうです。

小潮の日の釣果

 ただし、そのポイントポイント、地域地域で良い潮周りは存在します。例えば次の項目で説明するようなものです。

ポイントごとに潮のクセがある

 実際は潮周りよりも潮の流れを意識するとポイントごとのクセがはっきりすると思います。

  • 左から右へ流れる時が釣れやすい
  • 沖へ沖へと流れている時が釣れやすい
  • ゆっくりと流れる潮の方が釣れやすい
  • 2枚潮のときは釣りにくい

 上記のような特性を知ることができたならそのポイントで一番良い時間帯にラン&ガンなどで効率よく狙うことができると思います。

潮目

 基本的にはラインが張るようになる条件(沖へ沖へ流れる潮)の時が釣れやすいことが多いです。ラインが張ることにより、アタリが取りやすくなることと、アクションできる距離が自動的に稼げることがその理由です。

上げ潮、下げ潮でも同じことがいえる

 潮まわりの良し悪しがなかったように、上げ潮、下げ潮でも同じことが言えます

 例えば満潮になるとかけあげりのあるところまでキャストが届かなくなるとか、逆に干潮になると好ポイントが干上がってしまうなどがあると思います。ポイントごとに特性が異なるため、一概にどちらがいいとは言えないわけなのです。

夕日と満潮

 潮まわりや上げ潮、下げ潮などを考えることよりも、潮が動いているか止まっているかの流れを気にする方が良いと思います。

 ただ、エギングにおいては下げ潮の場合、アオリイカが沖へ沖へと帰っていくとも考えられているので、上げ潮の方がアオリイカが接岸してくるタイミングとも考えられていますね。

Page top icon