アオリイカと様々な自然条件

 このページでは濁り潮、水潮や風のによるアオリイカエギングへの影響について記載しています。

 噂の域を出ていないようなものも記載していますので、判断はあなた自身に委ねます。

濁り潮とアオリイカ

 狙うターゲットによっては濁り潮の方が釣りやすい魚が存在しますが、アオリイカを代表とするイカの種類は濁り潮を嫌う傾向にあります。

 理由は簡単でアオリイカは視力を頼りにエサを探しているので、濁りが強ければ強いほどエギを見つけることができないからです。(濁り潮の写真がなかったので、下の写真は赤潮です)

赤潮

 普段は条件が良いとされるポイントでも、濁りの影響(河口の砂が流れ込む、泥質の濁りが流れ込むなど)でまったく釣れないことになることもあるくらいです。

 こういった状況に気付けたなら、濁りの影響の無いポイントへ移動すれば、そこが爆釣ポイントになるかもしれませんよ。

水潮とアオリイカ

 こちらは本当かどうかの確認が難しいのですが、色々なエギング師に聞いてもこういうし、書籍などを読んでも大抵はアオリイカは水潮を嫌うと書かれています。

雨の海

 降り出したばかりではさほど影響はないですが、1日中降った翌日や、河口付近など真水が多く混ざるようなポイントではアオリイカの活性が下がるといわれています。

 また、海には雨が降っていなくても、上流で大雨だった場合、少し遅れて真水が海へと流れ込んでくるため釣果に影響が出るようなこともあるかもしれませんね。

風とアオリイカ

 風はよほどの台風でない限りは直接イカの活性を変えるものではありませんが、釣り人からするとかなりの悪条件になることが多いです。

 真正面や真後ろからの風はまだマシですが、真横からの風は悪条件となります。

エギングと風の影響

 真横からの風はキャスト後にラインが流されてしまい、エギのアクションに影響を与えるだけでなく、アタリ自体も分かりにくくなります。

 釣り人側でできることは、ラインスラッグを最小限に抑えるようにサミングをしたり、ロッドをできるだけ倒す、エギをワンランク重いものに変えるなどをするか、いっそのことポイントを移動して風裏を探すようにするくらいしかできません。

Page top icon